急な出費があったり、給料日前で生活費が足りなくなった時にとても便利なキャッシング。

現在、たくさんの消費者金融があり、いろいろな会社を比較しながらどこの会社で借入をするか選ぶことができますが、出来れば審査が甘い所で早く融資を受けたいものです。

銀行と消費者金融では消費者金融の方が審査は通りやすく、スピードもとても早いです。

さらに中小の消費者金融でしたら、もっと審査が緩くて通りやすい会社もありますが、そういった中小の消費者金融は中には闇金が紛れている可能性があるので、避けたほうが無難です。

銀行以外で借入をするのなら、審査が甘いわけではありませんが、大手消費者金融(アコム・プロミスなど)にしておきましょう。

大手でしたら闇金が紛れている事もありませんし、アコムマスーターカードでしたら、クレジットカードの機能も付いているのでキャッシング意外に普段使いにも使えて便利です。

銀行と比べ消費者金融の場合金利は高くなりますが、ほとんどの消費者金融の金利はそんなに差がないので同じような金利で借入をするのであれば、早くて利便性のあるローンカードの方がいいと思います。

消費者金融の借入条件は
・成人している(未成年者は親の同意が必要)
・アルバイト・パートでもいいので毎月安定した収入がある(専業主婦は配偶者に安定した収入がある)
この条件を満たしていれば、ブラックの方は難しいですが学生でも収入があれば審査に通る事もあります。

申し込み時に、勤続年数を記入する項目がありますがとくに職種や勤続年数で審査落ちするという事もないので安心してください。

審査で一番重要なポイントになるのは、勤続年数よりもクレジットヒストリーです。

クレジットヒストリーとは、過去の金融商品についての履歴のことで、支払いが遅れたことがないか、他社にどれくらい借入があるかなどの個人情報がわかるものです。

ですので、申し込み時に嘘の記載をしてもすぐにバレてしまうどころか嘘をついたことで信用を失ってしまいます。

申し込み時には嘘をつかず、正直に記入をしてください。カードローンの初回限度額の目安は?